木村花さん母「すごく歯がゆくて悔しい」 BPO、「テラハ」の人権侵害認定せず 

2021年3月30日 20時00分
亡くなった木村花さんのTシャツを着て記者会見に臨む母響子さん=30日午後、東京都千代田区で

亡くなった木村花さんのTシャツを着て記者会見に臨む母響子さん=30日午後、東京都千代田区で

 フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー木村花さん=当時(22)=が昨年5月の放送後に死去したのは「過剰な演出がきっかけ」として母響子さん(44)が人権侵害を申し立てた事案で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は30日、花さんの精神的な健康状態への配慮を欠いて放送した点で「放送倫理上の問題があった」との見解を発表した。人権侵害は認定しなかった。
 また、リアリティー番組の特性として「出演者が誹謗中傷によって精神的負担を負うリスクはフィクションの場合より格段に高い」と指摘。出演者の精神状態への配慮が「とりわけ必要」として、放送界全体が自主的な取り組みを進めるよう促した。
 見解を受け響子さんは東京都内で記者会見し「人権侵害が認められないという結果について、すごく歯がゆくて、悔しい」と話した。フジテレビは見解を「真摯に受け止める」とコメント。SNS上の課題には「新設した対策部門を中心に組織的に取り組む」とした。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧