在日ロシア大使館前でミャンマー人らが抗議デモ 国軍への支援中止を訴え

2021年3月31日 21時22分

5人ずつ交代しながら、ロシアへの抗議デモを繰り広げる在日ミャンマー人ら=31日、東京都港区の在日ロシア大使館前で


 
 ミャンマー国軍によるクーデターから1日で2カ月。市民への弾圧が激しさを増す中、日本で暮らすミャンマー人ら約30人が31日、東京都港区の在日ロシア大使館前で、国軍との結び付きを強めるロシアに対し、抗議デモを繰り広げた。
 大使館前の歩道が狭いため、デモは人数を絞り、5人ずつ交代で行われた。
 参加者は英語で「国軍支援を直ちにやめろ」などとシュプレヒコール。デモを呼び掛けたレー・レー・ルィンさん(30)は、ロシアのフォミン国防次官が「国軍記念日」の式典に出席したことを挙げ「ロシアはクーデターを容認した。絶対に許せない」と憤った。
 両国は近年、軍事協力関係を強化してきた。ロシアはこれまでにミグ29戦闘機やヘリコプター、装甲車などをミャンマーに売却。クーデター直前の1月には、移動式防空システム「パンツィリS1」や無人偵察機を供給する契約を結んだ。
 また、ミャンマー国軍は昨年9月、ロシア軍が主催した国際戦略演習「カフカス2020」にも参加している。(藤川大樹)

関連キーワード

PR情報