大阪・吉村知事「大阪市内の聖火リレーは中止すべきだ」 14日に予定

2021年4月1日 13時23分
大阪市内での聖火リレーについて「中止すべきだ」と発言した大阪府の吉村洋文知事=1日午後、大阪府庁(共同)

大阪市内での聖火リレーについて「中止すべきだ」と発言した大阪府の吉村洋文知事=1日午後、大阪府庁(共同)

 大阪府の吉村洋文知事は1日、政府が新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」を大阪市内に適用した場合、「外出自粛をお願いすることになる」として「大阪市内の(東京五輪の)聖火リレーは中止すべきだ」と府庁で記者団に述べた。市外の他の自治体に関しては「感染対策を徹底し実施する」との考えを示した。
 府内のリレーは13~14日の予定で、14日に大阪市内を通ることになっている。吉村氏は「最終的に大会組織委員会がどう考えるかということになるが、府としての考えは持っておくべきだ」と強調した。大阪市の松井一郎市長も「大変残念だが、見合わせるべきだ」と吉村氏に同調した。
 吉村氏、松井氏とも、14日に大阪市内で実施予定の、聖火到着を祝うイベント「セレブレーション」は無観客で実施する意向を示した。
 また吉村氏は「政府方針が決定次第、府の対策本部会議を開きたい」として、飲食店でのマスク着用の徹底や不要不急の外出自粛など、1日中に対応の詳細を決める方針を明らかにした。(共同)

PR情報