「さらば~涙と言おう~♪」熱唱し退任 森田健作千葉県知事、3期12年の任期満了

2021年4月2日 20時04分
両手を広げて退任のあいさつを述べる森田健作知事

両手を広げて退任のあいさつを述べる森田健作知事

 4日に任期満了を迎える森田健作知事(71)は2日、県庁で退任のあいさつを行った。県民をはじめ、3期12年間の県政運営を支えた人たちへの感謝の言葉を述べたほか、自身の代表曲「さらば涙と言おう」も披露。スター出身らしい華やかさを残して県庁に別れを告げた。(中谷秀樹)
 全ての公務を終えた午後5時すぎ、県庁の玄関前に県職員や県議、県民ら百数十人が集まり、退庁セレモニーが行われた。職員から花束を受け取った森田知事は、「つらい時はともに歯を食いしばり、頑張り、うれしい時は思い切り笑顔で肩を抱き合ったチーム森田。最高の時でした、皆さんありがとう」と絶叫。乗り込んだ車から何度も手を振り、県庁を去った。拍手で見送った女性職員は「やっぱりさみしい、職員思いの知事だった」と涙ぐんだ。
 退庁前の記者会見では、「この日を迎えられたのは県民のおかげ。つらいこともあったが、楽しい素晴らしい思い出に変わった。私は幸せ者」と述べた。
 東京湾アクアラインの通行料800円化を実現し、東京五輪・パラリンピックで計8競技を誘致するなど大きな施策を実現した一方、自身の災害対応などで批判の的にもなったのは知名度の高さの裏返しでもあった。報道陣の要望に応え、退任の心境を歌で表現。代表曲「さらば涙と言おう」の一節を歌ったほか、フランク・シナトラの名曲「マイ・ウェイ」の日本語版を「今、船出が近づくこの時に、私には愛する千葉県があるから」と替え歌で披露した。
 今後については「新しい青春のフィールドを考え、永遠に走るんだという気持ち」と語った。所属する大手芸能事務所のサンミュージックが「最高顧問」の就任を打診する予定で、充電期間後に芸能活動を再開するとみられる。
 森田知事の退職金は在職12年間で計1億2009万6000円となる。2期目分までは既に受け取っており、近く3期目分の4003万2000円が支払われる。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧