<新型コロナ>神奈川県は133人感染、変異株は1人 横須賀市の高齢者施設でクラスター

2021年4月2日 20時11分
神奈川県庁

神奈川県庁

 神奈川県内で2日、133人の新型コロナウイルス感染と、このうち秦野市の80代女性の死亡が明らかになった。88人の感染経路が不明。県と5市の保健当局が発表した。新規感染者は1週間前の3月26日より16人多く、5日連続で1週間前を上回った。
 県は死亡した女性を含む19人の感染を発表した。女性は3月31日、自宅で倒れているところを別居の親族に発見され、搬送先の病院で陽性が判明、翌4月1日に別の疾患で死亡した。
 横浜市は54人の感染を発表した。このうち4人は平成横浜病院(戸塚区)の職員と患者。クラスター(感染者集団)は20人になった。
 川崎市は10~80代までの30人の感染を発表。このうち多摩区の20代女性会社員ら24人が感染経路不明という。
 横須賀市は8人の感染を発表した。2人の感染が分かっていた高齢者グループホーム施設で、入所者3人と介護職員3人の感染が新たに分かり、クラスターと認定した。
 相模原市は16人、藤沢市は6人の感染を発表した。
 また神奈川県は2日、新型コロナウイルス感染者のうち60代女性から変異株を検出したと発表した。由来国、感染経路とも不明。県内の変異株感染者は74人になった。

PR情報

神奈川の新着

記事一覧