ゴマフアザラシ 赤ちゃん誕生 沼津の伊豆・三津シーパラダイス

2021年4月3日 07時43分

生まれたばかりのゴマフアザラシの赤ちゃん=沼津市で(伊豆・三津シーパラダイス提供)

 沼津市の水族館「伊豆・三津シーパラダイス」で二日、ゴマフアザラシの赤ちゃんが生まれているのが確認された。クリーム色の毛が生えそろい、体長約八〇センチ、体重一一・三キロのメスという。
 午前七時五十分、えさをやるために見回りをしていた飼育員が、海に面した自然飼育場のスロープで見つけた。赤ちゃんが時折鳴き声を上げると、母親が心配そうに寄り添って様子をうかがい、授乳するなどしていた。
 赤ちゃんアザラシの毛は二〜三週間程度で抜け落ちるため、現在の姿が見られる期間は短い。担当者は「珍しい姿を早めに見に来てほしい」と話している。 (上田融)

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧