現代舞踊の入賞者決まる

2021年4月3日 07時54分
 第78回全国舞踊コンクール(東京新聞主催)現代舞踊3部門の決選審査が2日行われ、第1部で東京都大田区の冨田奈保子さんが、ジュニア部で昭島市の高橋あかねさんが、第2部で横浜市の岸由姫乃さんが1位となった。

現代舞踊第1部1位 冨田奈保子さん

ジュニア部1位 高橋あかねさん

第2部1位 岸由姫乃(ゆきの)さん

 「第七十八回全国舞踊コンクール」(東京新聞主催、目黒区芸術文化振興財団共催、現代舞踊協会など後援)の現代舞踊部門決選審査が二日、東京都目黒区のめぐろパーシモンホールで行われ、第一部八人、ジュニア部十二人、第二部十一人が入賞した。
 各部一~三位に東京新聞コンクール賞と現代舞踊協会賞、各部一位に共催の財団賞、第一部一位に文部科学大臣賞、ジュニア部一位に黒沢輝夫・下田栄子賞、第二部一位の所属団体に平多正於賞がそれぞれ贈られる。上位入賞者は次の皆さん(敬称略)。
 【第一部・十九歳以上】
 一位=冨田奈保子(東京都大田区)▽二位=藤本舞(川崎市)▽三位=近藤みどり(埼玉県川口市)
 【ジュニア部・十三~十八歳】
 一位=高橋あかね(東京都昭島市)▽二位=小峰珀良(埼玉県ふじみ野市)▽三位=木原レン(岐阜県中津川市)
 【第二部・十二歳以下】
 一位=岸由姫乃(横浜市・佳恵バレエスタジオ)▽二位=神尾海希(横浜市)▽三位=西山叶和子(東京都墨田区)

関連キーワード

PR情報