女子400㍍個人メドレー                       大橋悠依、谷川亜華葉、五輪代表に内定

2021年4月3日 22時57分
東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権が3日、五輪会場の東京アクアティクスセンターで始まった。女子400メートル個人メドレー決勝では、大橋悠依が4分35秒14で制し、初の五輪切符を獲得した。2位には自己ベストを更新した高校3年生の谷川亜華葉が東京五輪代表に内定した。(いずれも澤田将人撮影)

女子400㍍個人メドレーで優勝した大橋悠依のバタフライ

女子400㍍個人メドレーで2位となり、東京五輪代表を決めた谷川亜華葉の平泳ぎ

女子400㍍個人メドレーで優勝し、ともに東京五輪代表になった2位の谷川亜華葉㊧と健闘をたたえ合う大橋悠依

女子400㍍個人メドレーで2位となり東京五輪代表を決め、笑顔でスタンドに手を振る谷川亜華葉


おすすめ情報