「春の妖精」カタクリ群生 水戸・有賀町の公園で見頃

2021年4月4日 07時14分

斜面いっぱいにかれんな花を咲かせるカタクリ=水戸市有賀町で

 「春の妖精」と呼ばれるカタクリの花が、水戸市有賀町のかたくりの里公園で見頃を迎えている。
 約2000平方メートルの斜面に高さ15センチほどのカタクリが群生し、薄紫色のかれんな花を咲かせている。友人と一緒に訪れた水戸市の久保田まり子さん(72)は「ひっそりと静かに咲く姿がいい」と笑顔で眺めていた。
 園内では恒例の「かたくりまつり」が11日まで開かれ、地元の農産加工品などが販売されている。出店時間は午前9時から午後3時まで。 (佐藤圭)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧