東海道川崎宿400年 記念ロゴ決定 当時の風景 にぎわい表現

2021年4月5日 07時25分

記念ロゴマークに決まった是沢義隆さんの作品(川崎区役所提供)

 川崎市は、「東海道川崎宿起立400年」を記念したロゴマークを制定したと発表した。公募作品のうち、一般投票で最多得票だった岡山県の会社員、是沢義隆さん(35)の作品で、宿場の当時の風景とにぎわいを表現している。
 川崎区役所によると、記念ロゴは起立400年プロジェクトのホームページやイベントなどに使用する。宿場と街道、人や物を運んだ渡し船と多摩川が描かれており、「レトロでモダンなデザインが趣を感じさせる」などと評価された。
 是沢さんは「次の500年につながるよう、より皆さんに認知され、愛されるロゴマークになってほしい」とコメントした。
 記念ロゴの公募には145点が寄せられた。このうち4点を最終候補として、一般投票を実施。是沢さんの作品は、投票総数1168件のうち、最も多い622票を集めたという。 (石川修巳)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧