桶川市長選 小野さんが無投票3選 コロナ対策、ボードで「感謝」

2021年4月5日 07時33分

万歳三唱をとりやめ、ボードで喜びを伝える小野さん(左から2人目)ら=桶川市内の事務所で

 任期満了に伴う桶川市長選は四日告示され、無所属現職の小野克典さん(52)=自民、立民、公明、国民推薦=以外に届け出はなく、無投票で三選が決まった。小野さんの無投票当選は、前回二〇一七年に続き二回目。
 午後五時半前に市内中心部の事務所に姿を現した小野さんは、支援者ら約四十人に迎えられた。新型コロナウイルス感染症対策として声を出す万歳三唱は行わず、「感謝」などと書いたボードを掲げ喜び合った。小野さんは三期目に向け、「まちづくりの課題などで、自治体間の連携を取りながら全力で取り組みたい」と決意を語った。
 小野さんは、市議や県議を経て一三年の市長選で初当選。一七年の再選を経て、昨年十二月に三選出馬の意向を表明した。二期目の実績として、市役所新庁舎の整備や小中学校のトイレ改修、桶川飛行学校平和記念館の整備などを挙げ、三期目に向けてはごみ処理施設の整備や、駅東口地区のさらなる開発促進などを掲げている。 (前田朋子) 

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧