東電社長、福島で柏崎問題を謝罪 双葉町長「あり得ない」

2021年4月5日 11時06分 (共同通信)
 東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の伊沢史朗町長(右列の奥から2人目)らと面会し、謝罪する東京電力の小早川智明社長(左から2人目)ら=5日午前、福島県いわき市

 東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の伊沢史朗町長(右列の奥から2人目)らと面会し、謝罪する東京電力の小早川智明社長(左から2人目)ら=5日午前、福島県いわき市

 東京電力の小早川智明社長は5日、福島第1原発が立地する福島県双葉町の伊沢史朗町長と面会し、同原発で故障した地震計を放置していた問題や、柏崎刈羽原発(新潟県)での核物質防護不備について「皆さんに不信、不満を生じさせ痛恨の極みだ。申し訳ない。生まれ変わる気持ちで立て直したい」と謝罪した。
 伊沢氏は「社内体質を改善してしっかりやると聞いていたが残念だ」と述べた。面会後の取材に伊沢氏は「安全対策や危機管理の対応として、あり得ないことだ」と語り、不快感を示した。
 小早川氏は面会後、同じく第1原発が立地する大熊町の吉田淳町長にも謝罪。午後は周辺自治体を訪問する。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧