<新型コロナ>茨城県はJ2水戸の選手ら16人の新規感染 取手市の高齢者施設でクラスターか 

2021年4月5日 18時57分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県と水戸市は5日、サッカーJ2水戸ホーリーホックの選手ら16人が、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計6892人になった。
 ホーリーホックによると、トップチーム選手と関係者を対象としたJリーグ公式のPCR検査を2日に実施した結果、選手1人の陽性を確認。症状は出ていないという。
 居住地の内訳は、下妻市4人、守谷市2人など。一方、県は3日に「土浦市」と公表した感染者1人の居住地をかすみがうら市に訂正した。
 取手市の高齢者福祉施設では、5日公表分の2人を含め、職員や利用者6人の感染が判明。県はクラスター(感染者集団)発生の可能性があるとしている。
 県は36人の退院などを発表。また、4日発表の退院者などが1人少ない32人だったと訂正した。累計の退院者などは計6339人になった。(宮尾幹成)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧