東京五輪内定ぞくぞく  競泳日本選手権 4日目

2021年4月6日 21時23分

競泳の東京五輪選考を兼ねた日本選手権第4日は6日、東京アクアティクスセンターで4種目の決勝が行われ新たに3人が代表に内定した。

男子200メートルバタフライ
19歳の本多灯が優勝し、初の五輪代表入り
2位の瀬戸大也は、個人メドレー2種目と合わせ、3種目で代表内定。
女子200メートル個人メドレー
寺村美穂が優勝し、2大会連続の代表入り。
2位の大橋悠依も、400メートル個人メドレーに続き2種目目となる代表内定となった
女子の200メートル自由形で優勝した五十嵐千尋は、800メートルリレーの選考基準を満たし、2大会続けての代表入り。        (いずれも内山田正夫撮影)

男子200メートルバタフライで優勝し代表内定を決めた19歳の本多灯

男子200メートルバタフライで優勝した本多灯(左)と握手する2位の瀬戸大也。ともに日本水泳連盟が定める派遣標準記録を突破し代表に内定

女子200㍍個人メドレーで優勝しガッツポーズの寺村美穂。この種目の東京五輪の代表に内定!

女子200メートル個人メドレーで優勝した寺村美穂(左)と抱き合う2位の大橋悠依。ともに派遣標準記録を突破し、この種目の東京五輪の代表に内定!

女子200メートル自由形決勝 優勝し、表彰台で笑顔を見せる五十嵐千尋。 個人での五輪派遣標準記録は突破できなかったが、800メートルリレーの選考基準は満たして東京五輪代表に内定!


関連キーワード

PR情報