<新型コロナ>大阪府の新規感染者、過去最多の878人 病床使用率70%超

2021年4月7日 13時56分
大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議で発言する吉村洋文知事(奥)=7日午後、大阪市で(共同)

大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議で発言する吉村洋文知事(奥)=7日午後、大阪市で(共同)

 大阪府は7日、新型コロナウイルスに過去最多の878人が感染し、感染者2人が死亡したと発表した。府は対策本部会議を開き、独自基準「大阪モデル」の警戒度を最高の「赤信号」に引き上げ、医療非常事態宣言を出した。大阪市に出していた不要不急の外出自粛要請の対象は、8日から府内全域に拡大する。
 直近1週間の新規感染者は4425人で、2週間前の4倍。政府の対策分科会が示す「ステージ4(爆発的感染拡大)」の指標を複数満たし、会議で府幹部は「緊急事態宣言レベル」と説明した。一方、吉村洋文知事は「緊急事態とほぼ同じことを(府民に)お願いしている」とし、国への発令要請や「まん延防止等重点措置」の対象拡大に否定的な姿勢を示した。
 重症者用の病床使用率は7日時点で70・5%と切迫。府幹部は会議で「経験したことがないスピードで病床が埋まっている」と指摘。14日には1日の感染確認が1400人を超え、重症用の病床も近く不足するとの見通しを示した。(共同)

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧