「小中生に」マスク10万枚 東京浅草RC、台東区に寄贈

2021年4月8日 06時39分

マスクを寄贈し、服部区長(左)から、感謝状を贈られた東京浅草ロータリークラブの阪口会長=台東区で(同クラブ提供)

 東京浅草ロータリークラブ(事務局・台東区西浅草)は先月、台東区立の小中学生全てに使ってほしいと、不織布マスク10万枚を区に寄贈した。阪口幸治会長ら幹部が区役所を訪れ、服部征夫区長に目録を手渡した。区長、区教育委員会からクラブに感謝状が贈られた。
 阪口会長は「クラブではコロナ禍において、医療、教育、飲食、観光に社会奉仕することを決めた」と区長らに説明。浅草医師会への寄付金贈呈、浅草ビューホテル、上野精養軒の食事券購入、浅草観光連盟の声掛けに応じての「コロナ収束祈願」提灯(ちょうちん)の奉納などの取り組みを示し、「まだまだ十分とはいえないが、奉仕活動を続けていく」と決意を述べた。 (井上幸一)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧