ウッズ選手135キロ超で走行、制限は72キロ 車横転事故は速度超過が原因と米当局

2021年4月8日 10時05分

タイガー・ウッズ選手(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク=杉藤貴浩】米男子プロゴルフ選手のタイガー・ウッズ選手(45)が2月、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外で重傷を負った交通事故で、地元捜査当局は7日、事故原因が速度超過だったとする見方を示した。
 記者会見で当局者は、ウッズ選手の車が制限速度72キロの道路で、2倍近い135~140キロを出していたと指摘。「危険な速度によってカーブを曲がりきれなかった」などとした。現場にブレーキ痕がなかったことについては、ブレーキと間違えてアクセルを踏んでいた可能性に言及。薬物やアルコールの影響は見つかっていないという。
 ウッズ選手は事故で両足に複雑骨折などの大けがを負い入院。3月の退院後は自宅で療養を続けている。

クレーンで引き上げられるタイガー・ウッズ選手の事故車両=2月23日、米ロサンゼルス近郊(AP)

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧