震災10年の節目に「復興の軌跡とこの先の挑戦」 来月26日、日本青年館 柳田邦男さん講演も

2021年4月8日 07時10分
 城南信用金庫と本紙などは東日本大震災から十年の節目を迎え、復興の歩みを振り返り、次世代に記憶と経験を伝えるイベント「復興の軌跡とこの先の挑戦」を五月二十六日午後、東京の日本青年館ホールで開催します。評論家の柳田邦男さん=写真=が「心の再生と地域の発展~絵本の力を見直そう」と題して講演します。入場無料。
 ◇
 東日本大震災から十年の節目に合わせた復興イベント「復興の軌跡とこの先の挑戦」の詳細は次の通りです。
 ※新型コロナウイルスの感染状況次第では中止や内容変更の可能性があります。ご了承ください
 日時 5月26日午後3時開演、午後6時30分終了予定
 会場 日本青年館ホール(東京都新宿区霞ケ丘町4の1)
 募集人数 400人(応募多数の場合は抽選。感染防止のためホールの定員の半数以下にしました)
 内容 第1部は福島県の首長がリレーメッセージ形式で復興の歩みと今後の取り組みを紹介。評論家の柳田邦男さんが「心の再生と地域の発展〜絵本の力を見直そう」と題して講演するほか、テレビ朝日アナウンサーの佐藤ちひろさんが絵本「きぼうのとり」を朗読する。第2部では、福島県のスパリゾートハワイアンズのダンシングチームがフラダンスを披露。歌手のつのだ☆ひろさん=写真=が「常磐炭鉱歌」「メリー・ジェーン」などを披露する
 申し込み 東京新聞ホームページからか、往復はがき(1枚につき1人)に氏名、郵便番号、住所、電話番号、年齢を明記し、〒100 8505(住所不要)東京新聞事業局内「復興の軌跡」係へ。返信面の記載不要
 締め切り 4月28日(必着)
 問い合わせ 同係=(電)03(6910)2509(平日午前10時〜午後6時)
 共催 城南信用金庫、会津信用金庫、あぶくま信用金庫、ひまわり信用金庫、福島信用金庫、(株)ニッセイ、一般財団法人日本青年館、日本青年団協議会、福島民報社、東京新聞
 こちらから申し込めます

関連キーワード

PR情報

お知らせの新着

記事一覧