歴史的建造物7施設 年間周遊パスで大正ロマン触れて 市歴史資料館などで販売

2021年4月8日 07時50分
 沼田市教育委員会は地域の歴史文化に触れてもらおうと、市内の歴史的建造物など七施設を周遊できる年間共通パスポートの発行を始めた。 (石井宏昌)
 対象はテラス沼田(下之町)内の市歴史資料館(観覧料二百二十円)、生方記念文庫(上之町、同百十円)、旧土岐家住宅洋館(同町、同百十円)、沼田公園(西倉内町)内の旧生方家住宅と生方記念資料館(セットで同百十円)。

年間周遊パス 表(沼田市教委提供)

年間周遊パス 裏(沼田市教委提供)

 ともに観覧無料の旧沼田貯蓄銀行(上之町)と旧日本基督教団沼田教会紀念会堂(同町)も年間パスで紹介している。
 市は、こうした建物を中心市街地に集約して魅力ある街並みを整備する「大正ロマンのまちづくり」に取り組んでいる。市教委の担当者は「市民に地域の文化財を知ってもらい、サポーターのように支援してもらうきっかけにしたい」と期待を込める。
 パスは千百円(税込み)で、発行日から一年間有効。市歴史資料館と生方記念文庫で販売している。問い合わせは市教委文化財保護課=電0278(23)7565=へ。

関連キーワード

PR情報

群馬の新着

記事一覧