川崎「ふれあい館」への脅迫文で福田市長 「決して許されない、強く非難する」

2021年4月8日 10時10分

「強い非難」を表明する福田紀彦市長=市役所で

 川崎市の多文化交流施設「ふれあい館」(川崎区)に三月、在日コリアンを脅迫する文書が届いた事件を受け、福田紀彦市長は六日の会見で「決して許されないし、絶対にあってはならないと強く非難する」と述べた。
 ふれあい館には三月十八日、在日コリアンの館長宛てに「コロナ入り」と称した菓子の空き袋とともに「死ね」と繰り返し書かれた文書が届いた。館長は脅迫の疑いで告訴状を県警に提出し、受理された。
 福田市長は、今回の脅迫文は二〇一六年施行のヘイトスピーチ解消法が「許されない」とする「不当な差別的言動」に当たるとした。「私たちも独自の条例を作って強く許されないとしてきた」と市の立場にも触れ、強い非難を表明した。(安藤恭子)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧