フジHDの外資規制違反、総務省は14年に口答で注意…当時の判断に問題なし

2021年4月8日 19時20分
記者会見で外資規制違反について陳謝するフジ・メディアHDの金光修社長=8日午後、東京都内

記者会見で外資規制違反について陳謝するフジ・メディアHDの金光修社長=8日午後、東京都内

 フジテレビを子会社に持つフジ・メディア・ホールディングス(HD)は8日、2012年9月末~14年3月末の外資比率が議決権の計算ミスにより20%を超え、放送法の外資規制に違反していたと発表した。違法状態は4半期(2年)にわたる。東京都内で記者会見した金光修社長は14年12月に当時の担当役員だった自らが総務省に報告していたと明らかにした。同省は口頭での厳重注意にとどめたといい、厳正な対処を怠っていた疑いが浮かんだ。
 金光氏は「株主、投資家らにご心配をお掛けしたことを、おわび申し上げる」と陳謝。総務省には行政処分の可能性を探るため2回訪問したが、口頭の注意だったことから、放送持ち株会社としての「認定取り消しはないと判断した」と述べた。このため当時は開示を見送ったという。
 外資規制を巡っては、放送事業を営む東北新社も違反の把握後に報告したとし、総務省は国会で「記憶がない」と答弁。フジ・メディアHDの問題では、違反の可能性を認識した時期を問われ、確認中だとしていた。両社への対応を巡り野党の追及が強まりそうだ。
 総務省の担当者は金光氏から報告を受けていたのは事実と認めた上で、当時の判断に問題はなかったとの認識を示した。(共同)
 

関連キーワード

PR情報

経済の新着

記事一覧