栃木市の老舗洋食店、「しもつかれ」をアレンジ 期間限定で提供

2021年4月10日 07時18分
 栃木市の老舗洋食店「赤城亭」が、郷土食「しもつかれ」を扱う地元総菜店「かねふくストア」とコラボレーションしたアレンジメニュー=写真=を10日から25日まで、期間限定で提供する。
 「かねふくストア産しもつかれと竹炭のタルト小江戸とちぎ風」「鶏胸肉のガランディーヌ かねふくストア産しもつかれと干瓢(かんぴょう)のマリアージュ仕立て」「かねふくストア産のシフォンケーキ」の3種。コースの前菜とデザートとしてランチタイムに味わえる。
 オーナーシェフの飯沼友治さん(60)が「しもつかれ」の魅力を発信する「しもつかれブランド会議(SBM)」の活動に共感し、メニューを考案した。
 SBMを主宰する青柳徹さん(44)は「飯沼さんの手によって郷土食の価値がアップデートされた。どこか懐かしさを感じる味わいと美しく盛り付けられた『しもつかれ』をぜひ味わって」と呼び掛ける。問い合わせは赤城亭=電0282(22)0360=へ。

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧