お金を稼いだ人の心理をさぐる実験があるそうだ。使うのは駒を…

2021年4月10日 07時41分
 お金を稼いだ人の心理をさぐる実験があるそうだ。使うのは駒を進めながら財産を増やすゲーム。コインを投げて選ばれた金持ち役は、貧乏人役よりはるかに好条件でプレーできる。一貫した傾向が表れるそうだ。金持ちは声が大きくなり、自分の成功を誇りたがる。単なるツキのおかげなのに、勝因は自分の力だと答えるそうである▼人の心は金を稼いだ体験を自らの優秀さと解釈するようだ。実験を紹介しているのは、世界の格差社会の構造などを説いて警鐘をならした仏経済学者ピケティ氏のベストセラーの映画化作品『21世紀の資本』である▼富める人はさらに富み、貧しさを抜け出すのは困難に。そんな世界の格差拡大に映画は、さまざまな説明を加えるが、稼いだ人の心理も関係あるようだ▼米誌フォーブスが恒例の長者番付を公表した。新型コロナウイルス流行が世界にどんな影響を与えるか、興味を持ってみたが、富裕層の資産は膨らんでいた。資産十億ドル以上の人は前年より六百人以上増えた。急増という▼十数時間に一人、このレベルの富豪が生まれた計算だ。各国のコロナ対策の金融緩和策が影響したらしい。欧米の大富豪には慈善家も多いが、すでに富んでいる人の資産は一段と拡大した▼コロナ解雇のニュースをわが国に限らず聞く。コロナ禍は格差をさらに拡大させているようだ。富豪の心理も気になる。

関連キーワード

PR情報

筆洗の新着

記事一覧