<新型コロナ>世田谷区、横浜市、さいたま市、千葉市など 高齢者用ワクチン、12日接種スタート

2021年4月10日 19時32分
 65歳以上の高齢者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が、12 日に始まる。東京23区と神奈川、埼玉、千葉各県の政令市のほとんどは、特別養護老人ホームなど高齢者施設の入所者から接種する。施設以外の高齢者の接種は、多くの自治体で5月以降になりそうだ。
 23区や首都圏の政令市には当初、975回(487人)分か、1950回(975人)分のワクチンが配布される。配布時期はさまざまで23区では4月下旬になる区もある。
 12日に接種をスタートするのは東京都世田谷区、横浜市、さいたま市、千葉市など。千代田区や渋谷区などは5月以降になる。目黒、中野両区は施設入所かどうかにかかわらず、75歳以上の接種を先行させる。

関連キーワード

PR情報