<新型コロナ>埼玉県で新たに142人感染、1人死亡 さいたま市の通所介護施設でクラスター

2021年4月10日 18時31分
埼玉県庁

埼玉県庁

 埼玉県内では10日、新型コロナウイルスの新たな感染者142人と越谷市の80代男性1人の死亡が発表された。
 さいたま市は、同市桜区の通所介護施設「健康倶楽部くらぶ 楽」と「リハビリ倶楽部 楽」で10人(利用者5人、職員5人)のクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。両施設は同一会社の経営で、職員、利用者とも重なるため、1つのクラスターと認定した。
 川口市は、クラスターが発生した市内の介護老人福祉施設「川口かがやきの里」の入所者1人の感染を発表。感染者は計7人になった。別の介護付き有料老人ホームでも入所者1人の感染が分かり、計41人となった。
 県によると、3月末にカラオケができる飲食店を利用した高齢者1人の感染が新たに分かった。従業員の感染がすでに判明しており、高齢者はマスクを外して利用していたという。 

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧