<新型コロナ>茨城県で30人が感染 クラスター発生の飲食店では変異株も

2021年4月13日 19時20分
茨城県庁

茨城県庁

 茨城県は13日、新型コロナウイルスに感染し、県内の医療機関に入院していた80代男性が死亡したと発表した。県内の死者は計129人になった。県と水戸市は新たに30人が感染したと明らかにし、県内の感染者は計7160人。既に公表した8人が変異株の検査で陽性と判明したと発表した。変異株の感染者は計66人になった。
 新規感染者の居住地の内訳は、ひたちなか、つくば市各4人、日立、常総市各3人など。
 クラスター(感染者集団)が発生した可能性が高い日立市の飲食店「スナックレイ」では、これまで公表されている感染者25人のうち2人が変異株に感染していることが判明し、変異株の感染者は計17人になった。
 県と水戸市は41人の退院などを発表。退院などは計6590人になった。(松村真一郎)

関連キーワード

PR情報

茨城の新着

記事一覧