「今後は余ったら医療従事者に接種」 ワクチン廃棄した八王子市、河野太郎行革相の求めに

2021年4月13日 21時47分
 河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、12日に始まった高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種で、最大5回分程度が廃棄されたと明らかにした。キャンセルが原因だという。廃棄した自治体名には言及せず「廃棄されないようにお願いしたい」と他の接種対象に活用するよう求めた。東京都八王子市は14日以降、余剰が生じた場合、市内の医療従事者に接種すると発表した。(竹内洋一、布施谷航)
【関連記事】余ったワクチンは廃棄…「混乱避けるため」と八王子市 一方、予約なしで訪れ断られた人も相次ぐ

新型コロナウイルスのワクチンのサンプル(ファイザー社提供)

 同市では12日の接種で事前に先着順で予約していた250人のうち、2人が会場の市役所に来ず、2回分を廃棄した。
 市は1瓶5回分入りのワクチンを解凍・希釈した後は6時間しか保存できないことを挙げ「4回分以下は廃棄せざるを得ない」と説明。余剰分を他の高齢者に回す場合、「公平性を担保できない」としていた。
 河野氏は、余剰分は医療従事者や高齢者のほか、65歳未満や他自治体の居住者に接種しても「一向に構わない」と強調した。

関連キーワード

PR情報