手作りのお守りで 安全運転呼び掛け 皆野高生徒会が200セット配布

2021年4月14日 07時20分

手作りのお守りなどをドライバーに手渡す県立皆野高校の生徒=皆野町の皆野寄居有料道路料金所で(一部画像処理)

 埼玉県立皆野高校生徒会のメンバーが十三日、皆野町の皆野寄居有料道路料金所で、手作りのお守りをドライバーらに配り、安全運転を呼び掛けた。
 春の全国交通安全運動の一環。お守りは手のひらサイズのフェルト製で、二色の布をハート形に編み込んで仕上げた。啓発チラシなども添えて二百セットを用意。生徒たちは「安全運転でお願いします」などと声を掛けながら手渡した。
 一時間ほどですべてを配り終え、生徒会長の持田くるみさん(三年)は「いろいろな人と交流ができてよかった。交通安全について考えてもらうきっかけになればと思う」と話した。 (久間木聡)

関連キーワード

PR情報

埼玉の新着

記事一覧