全国大会 中学の部で金「わたらせリコーダーアンサンブル」 メンバー3人は受験と両立させ栄冠

2021年4月14日 07時23分

全国大会中学の部で金賞に輝いたわたらせリコーダーアンサンブルの4人=足利市で

 足利市を拠点に活動する音楽団体「わたらせリコーダーアンサンブル」のメンバー四人が、三月に開催された第四十二回全日本リコーダーコンテスト全国大会の中学の部で、金賞に輝いた。四重奏を披露したメンバーのうち三人は当時、受験生。勉強と両立させての栄誉になった。
 コンテストは全日本リコーダー教育研究会主催。四人は昨年十二月の地区予選を勝ち上がり、全国大会に出場。新型コロナウイルス感染症に対応した非公開の録音音源審査で、出場二十四チーム中、上位七チームに与えられる金賞を獲得した。
 チームはゲオルク・フィリップ・テレマン作曲の協奏曲を選曲。全員アルト・リコーダーで息の合った四重奏を披露し、高く評価された。
 メンバーの姜映在(かんよんじぇ)さん(15)、大竹美由紀さん(15)、板橋瞳さん(15)の三人は四月に高校生になった。コンテストに向けては受験と時期が重なり、月三、四回の練習に全員がそろわないことも多かったが、個々の努力と集中力で補ったという。「力以上の演奏ができた」と姜さんは満足そう。
 一学年下の菅(すが)万結子さん(14)は「チームワークの良さで頑張った」と笑顔で振り返った。(梅村武史)

関連キーワード

PR情報

栃木の新着

記事一覧