100日前5色に輝く東京 スカイツリーが東京タワーが1日限りの五輪モード…でもひっそりイベント

2021年4月14日 19時34分

東京五輪の開幕まで100日となり、五輪カラーにライトアップされた東京スカイツリー

 東京五輪開幕まで100日となった14日、東京スカイツリーや隅田川の橋などが一斉にオリンピックカラーの5色にライトアップされた。新型コロナウイルスの感染状況悪化で東京に「まん延防止等重点措置」が適用され、開催を疑問視する声が広がる中、同日の式典では、小池百合子都知事らが予定通りの実施に向けた決意を強調した。

◆小池知事「100日後に必ず」

高尾山山頂に設置された五輪モニュメントの前で記念撮影するハイカー=東京都八王子市で(代表撮影)

 ほかにライトアップされたのは、五輪の競技会場となる東京スタジアム(調布市)、有明アリーナ(江東区)や東京タワーなど。日没後、青や黄、緑などの五輪にちなんだ色に照らし出された。今回は1日限りで、開幕直前に再び点灯させる。
 一方、式典は同日午前、都庁と高尾山山頂で同時開催。都庁に設置された高さ1メートルほどの大会マスコット「ミライトワ」「ソメイティ」の像と高尾山山頂の五輪マークがお披露目された。

東京五輪・パラリンピックのマスコット像の除幕をする(左から)JOCの山下泰裕会長、東京都の小池百合子知事ら=14日午前、東京都庁で(代表撮影)

 都庁では小池知事が「コロナを抑え込み、みなさまとともに100日後に大会を開催したい」とあいさつ。大会組織委の遠藤利明副会長は「いろんな意見があることは十分承知している」とした上で「アスリートの努力、勇気、感動をみなさんに伝える五輪にしなきゃならない」と力を込めた。

◆マスコットも即隠しちゃう…

 ただ都内では変異株の感染確認が相次ぎ、一日の感染者数も増加傾向が続く。この日のライトアップや式典も感染対策のため事前告知はなく、会場は関係者や報道陣のみで実施。都庁でお披露目した大会マスコット像も当面は一般公開の予定がなく、式典後は来庁者の目に触れないようすぐに大会旗で覆い隠された。 (岡本太)

東京五輪開会式までの日数の表示が「100」となったJR新橋駅前のカウントダウンボード


ライトアップされた駒形橋=14日午後7時、東京都台東区で



おすすめ情報