渋沢栄一ゆかり4駅へ 東京メトロ、あすからスタンプラリー

2021年4月15日 07時21分

駅街かける(左)としぶさわくん(右)が描かれたオリジナル缶バッジのイメージ(東京メトロ提供)

 東京メトロは16日〜5月16日、「日本資本主義の父」と称される実業家で、放送中のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主人公・渋沢栄一の関連スポット近くのメトロ4駅を巡るスタンプラリーを実施する。
 渋沢ゆかりの北区をPRする同区観光協会のキャラクター「しぶさわくん」と、東京メトロのキャラ「駅街かける」のコラボレーション企画。4駅を回った達成賞として、先着1500人に二つのキャラをデザインしたオリジナル缶バッジなどが贈られる。
 スタンプを置く駅は、渋沢が日本初の地下鉄(上野−浅草)の建設に協力したことにちなむ「上野」(銀座線、日比谷線)、開業に尽力した帝国劇場近くの「日比谷」(日比谷線、千代田線)、渋沢らの出願で誕生した東京株式取引所(東京証券取引所の前身)に近い「茅場町」(日比谷線、東西線)、邸宅を構えていた飛鳥山に近い「王子」(南北線)。メトロの各駅(一部を除く)のラックにある専用リーフレットにスタンプを集める。
 達成賞の引き換え場所は、北区飛鳥山観光案内所(東京メトロ王子駅から徒歩5分)。案内所の定休日(原則月曜)は、王子駅定期券売り場となる。問い合わせは、東京メトロお客様センター=フリーダイヤル(0120)104106(午前9時〜午後5時)=へ。 (井上幸一)

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧