春風こうたさん死去 漫才師

2021年4月15日 09時04分
 春風こうたさん(はるかぜ・こうた=漫才師、本名小林章郎=こばやし・あきお)13日、肝硬変のため死去、78歳。長野県出身。葬儀・告別式は15日午前10時から東京都荒川区町屋1の23の4、町屋斎場で。喪主は妻すずよさん。
 視聴者参加番組で評価されたのを機にプロとなり、漫才コンビ「春風こうた・ふくた」として活動。こうた氏の肩にふくた氏がかみつく「かみつき漫才」で知られた。74年にNHK新人漫才コンクール優秀賞。91年に漫才協会の真打ちに昇進した。

関連キーワード

PR情報