車いす席増設車両、20日から 東海道新幹線

2021年4月15日 19時43分 (共同通信)
 東海道新幹線の新型車両「N700S」

 東海道新幹線の新型車両「N700S」

 車いすスペースを6席分に増やした東海道新幹線車両の運行が20日から始まる。7月1日以降に導入される新車両は増設が義務付けられるが、JR東海は前倒し対応を決めた。赤羽一嘉国土交通相が15日、車両に試乗後、JR東京駅で報道陣に明らかにした。
 増設されるのは最新型の「N700S」。7月23日までに5編成を投入する。赤羽氏は「名実ともに世界最高水準だ」と評価。バリアフリー対応を推進するため、財政支援の拡充も検討するとした。
 国交省は車いすスペースを増設するため、バリアフリー基準を改正。従来の1~2席を1編成当たりの座席数に応じて3~6席に増やした。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧