5月10日の週から6回接種 政府、高齢者ワクチン

2021年4月15日 23時55分 (共同通信)
 政府は、65歳以上の高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種に関し、1瓶当たり6回打てる特殊な注射器を5月10日の週から使用する方針を固めた。従来の5回接種から、全面的に切り替える。近く発表する。関係者が15日、明らかにした。
 高齢者約3600万人への接種は今月12日から開始。米ファイザー製ワクチンは通常の注射器なら1瓶当たり5回しか接種できない。このため政府は特殊な注射器の確保に向け、製造業者と交渉を進めていた。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧