サイクリング途中に疲れたら バスでの移動いかが JRバス 自転車ラック付きバスを館山市内で運行

2021年4月16日 07時03分
 館山市内の観光をサイクリストに満喫してもらおうと、ジェイアールバス関東は、自転車ラックを車体前面に取り付けた路線バス=写真=のキャンペーン運行をしている。自転車二台の積載が可能。今後、南房総市や日東交通とも連携し、サイクルツーリズムの一環として普及させたい考えだ。
 通常、自転車で移動していると足が疲労したり、悪天候に遭うなどして、先に進めないこともあるが、バスに載せることでスムーズな移動が可能となる。こうした利便性に注目し、同社は十年前から導入を目指してきた。県内で初の取り組みという。
 運行ルートは洲の崎線館山駅−相の浜間。車両検査日などを除き毎日、運行する。予約は不要。館山駅や伊戸漁港、相の浜など計七カ所のバス停で自転車をラックに積載できる。サイクリスト自身が載せ、バス運転手が落下しないよう固定する。
 キャンペーンは五月三十一日まで、期間中の利用料金は一回百円。六月一日以降は利用区間に応じて一回最大五百円。
 問い合わせは、同社館山支店=電0470(22)6511=へ。 (山田雄一郎)

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧