有形文化財の小城駅で火災、佐賀 外壁の一部焼く

2021年4月16日 12時36分 (共同通信)
 火災があったJR小城駅の駅舎=16日午前10時35分、佐賀県小城市

 火災があったJR小城駅の駅舎=16日午前10時35分、佐賀県小城市

 16日午前0時10分ごろ、佐賀県小城市三日月町久米のJR小城駅が燃えていると119番があった。約1時間後に鎮火し、木造瓦ぶき平屋の駅舎の外壁を一部焼いた。けが人はいなかった。小城駅は国の登録有形文化財に指定されている。小城署が火災の原因を調べる。
 JR九州によると、終電後で駅員はいなかった。燃えたのは除草剤などを保管している倉庫の外壁。列車は同日朝の始発から通常通り運行した。
 市によると、小城駅は1903年に開業。2016年2月に国登録有形文化財に登録された。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧