愛知県知事リコール不正 河村市長「真相をしゃべった」…大村知事「ひとごとではない」

2021年4月16日 21時50分
河村たかし市長

河村たかし市長

 愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、運動事務局の元幹部で15日に同県常滑市議を辞職した山田豪氏(52)が関与を認めたことについて、運動を支援していた名古屋市の河村たかし市長は16日、報道陣の取材に「山田氏が勇気を出して真相をしゃべった。(活動団体事務局長の)田中(孝博)氏も話をしないといけない」と述べた。
 立候補している名古屋市長選への悪影響を尋ねる質問には「逆だと思いますけどね」と否定した。
 一方、大村秀章知事は16日の記者会見で、山田氏が指示されて署名偽造に関与したと明かしていることに「この方だけが罪に問われるとトカゲのしっぽ切りだ。首謀した人がいる」と指摘。河村たかし市長の働き掛けでリコール運動が始まったとして「河村氏はひとごとのように言っている場合ではない。選挙期間中だからこそ説明する責任がますます重くなっている」と主張した。

関連キーワード

PR情報

社会の新着

記事一覧