コロナ疲れ、動物で癒やして 千葉市の屋内動物園 無料開放に向けてネットで資金募る

2021年4月17日 07時32分

無料開放へ準備を進めている屋内動物園「Lifezoo」=千葉市中央区で(同園提供)

 新型コロナウイルスが感染拡大する中、疲れがたまっている人の癒やしの場にしてもらおうと、千葉市の屋内動物園「Lifezoo(ライフズー)」が無料開放へ準備を進めている。
 同園では、約100種類の動物と間近で触れ合うことができる。主に入場料で運営費用をまかなってきたが、コロナの感染拡大に伴い、経済的打撃を受けて娯楽にお金を回せなくなった人の声が多く届いた。外出自粛でストレスをためる人も相次ぐ中、動物と触れ合う機会を多く作ろうと、園を一定期間無料開放することに決めた。
 同園は「医療従事者の人やリモートワークで心休まる場のない人などに、癒やしを届けたい」としている。インターネットで広く資金を募るため、クラウドファンディング(CF)を実施中で、目標金額は200万円。23日午後11時まで、CFサイト「レディーフォー」で支援を募る。 (鈴木みのり)

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧