東伊豆にベビーラッシュ! アニマルキングダム ヤマアラシとアルパカ

2021年4月17日 07時58分

かわいらしい姿を見せるアフリカタテガミヤマアラシの赤ちゃん=いずれも東伊豆町稲取で

 東伊豆町稲取の動物園「伊豆アニマルキングダム」で、動物の赤ちゃんが相次いで誕生し、かわいらしい姿が来園者の注目を集めている。
 鋭く硬い針が特徴の「アフリカタテガミヤマアラシ」は三月上旬、二匹の赤ちゃんが誕生。園にとっては初の繁殖で、雄と雌が一匹ずつすくすくと育っている。二〇〇〜三〇〇グラムだった体重は今ではともに一キロを超え、果物などの餌も食べている。
 担当飼育員は「ヤマアラシの赤ちゃんは見たことがない人も多く、人気です」と話す。「わくわくふれあい広場」で展示している。
 「アルパカランチ(牧場)」では、三月下旬に誕生したアルパカの雄の赤ちゃん一頭が、草をはんだり動き回ったりと、元気な姿を見せている。昨年は三頭が産まれており、今後も誕生が期待されるという。 (山中正義)

草をはむアルパカの赤ちゃん

関連キーワード

PR情報

静岡の新着

記事一覧