「OB訪問アプリ」利用の就活生に睡眠薬飲ませ… 「レイプドラッグ」事件後絶たず

2021年4月19日 06時00分
 女性に睡眠薬などを飲ませて意識を失わせ、性的暴行を加える事件が後を絶たない。就職活動用の「OB訪問アプリ」を悪用して学生を誘い出し、睡眠薬を飲ませて乱暴する事件も起きている。専門家は「初対面の男女がアプリの情報だけで1対1で会ったり、飲食したりすることはリスクが伴う」と注意を呼び掛ける。(奥村圭吾)

◆「企業に出す資料を見てあげる」

 3月、東京都内で女子大生らに睡眠薬を飲ませて乱暴した準強制性交罪で、元リクルートコミュニケーションズ社員の丸田憲司朗被告(30)が起訴された。
 OB訪問アプリで被告と知り合い、被害に遭った女子大生は「信じていたのに」「許せない」と悔しさをにじませたという。
 丸田被告について、警視庁は昨年11月~今年3月、昏睡こんすい状態の女性を自宅やホテルで乱暴した容疑で4度逮捕している。
 捜査関係者らによると「企業に出す資料を見てあげる」などと飲食店に誘い出し、トイレで中座した相手の飲み物に水溶性の錠剤などを混入させていたとみられる。

◆「眠れない」と処方受け…自宅に大量の睡眠薬

 丸田被告はアプリで勤務先を親会社のリクルート、最終学歴を有名国立大と偽っていた。アプリには学生がOBを評価する欄があり、被告は自分に高評価を与えるよう実際に会った女子大生に依頼。「親身になって対応してくれる」との評価が多く、周囲は犯罪に気付けない状態だった。
 自宅からは10種類の睡眠薬計700錠以上と、錠剤を砕く専用のすり鉢などが押収された。心療内科で自ら「眠れない」と言って処方を受けていた。被告の携帯電話からは、約40人分のわいせつ動画が確認されたという。

◆睡眠薬使った性犯罪、10年間で380件

 警察庁によると、昨年までの10年間に、睡眠薬を使った性犯罪事件が全国で380件摘発された。ここ数年は、年間40~80件台に上っている。
 NPO法人「レイプクライシスセンターTSUBOMI」(東京)の望月晶子代表理事は「アプリの情報を安易に信頼するのは危険」と指摘。「初対面や信頼できない相手との1対1での飲食は避け、飲食を伴う面談の際はLINEラインなどで友人とつながったまま居場所を知らせ、連絡が途絶えたら駆けつけてもらうくらいの対策をしても、やり過ぎではない」と話す。
 睡眠薬は服用から数日で成分が体外に排出される。望月代表理事は「薬の成分や犯人の体液は目に見えず、鑑定の必要がある。被害が疑われるときは自分を責めたり恥ずかしがったりせず、できるだけ早く警察に相談してほしい」と助言する。

性犯罪被害相談電話「♯8103(ハートさん)」の利用を呼び掛けるポスター=警視庁で

◆性犯罪被害「#8103」に相談を

 警察庁の全国共通短縮ダイヤル「#8103(ハートさん)」では、性犯罪被害に悩む人の相談を24時間、無料で受け付けている。ダイヤルは最寄りの都道府県警の専用窓口につながる。警視庁犯罪被害者支援室の担当者は「どうすればいいのか不安な時は1人で悩まず、積極的に相談してほしい」と話す。
 警視庁の場合、平日の午前8時半~午後5時15分は、元警察官の女性相談員らが中心に対応。それ以外の時間帯は当直勤務の警察官らが相談を受ける。内容によっては、国家資格を持つ公認心理師のカウンセリングにつなげる。事件化を希望する場合は被害状況を聞き取り、管轄の警察署に引き継ぐ。
 必要に応じ、あらかじめ協力を依頼している産婦人科を紹介し、送迎や医師への説明などもサポート。診察料や緊急避妊薬、性感染症検査、人工妊娠中絶にかかる費用も一定の条件で公費で負担する。

関連キーワード

PR情報