米で銃撃相次ぎ計6人死亡 テキサス州とウィスコンシン州

2021年4月19日 07時36分 (共同通信)
 テキサス州の銃撃事件現場近くで待機する警察の特別機動隊(SWAT)=18日、オースティン(オースティン・アメリカン・ステーツマン提供・AP=共同)

 テキサス州の銃撃事件現場近くで待機する警察の特別機動隊(SWAT)=18日、オースティン(オースティン・アメリカン・ステーツマン提供・AP=共同)

 【ロサンゼルス、ニューヨーク共同】米南部テキサス州オースティンで18日昼、銃撃事件があり、3人が死亡した。中西部ウィスコンシン州ケノーシャのバーでも18日未明に銃撃があり、3人が死亡、2人が重傷を負った。二つの事件に関連はない。
 米メディアによると、それぞれの容疑者は現場から逃走した。オースティンの事件の容疑者は保安官事務所の元捜査官という。いずれも無差別な銃撃ではないとみられる。
 米国では各地で銃撃事件が相次いでおり、CNNテレビによると、南部ジョージア州でアジア系女性6人を含む計8人が死亡した3月16日以降だけでも、少なくとも45件の乱射があった。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧