「五輪が命より大切、あり得ない」山梨県知事、感染深刻化なら東京五輪中止に理解

2021年4月19日 17時32分
 山梨県の長崎幸太郎知事は19日、新型コロナウイルスの感染状況次第では東京五輪・パラリンピックの中止も選択肢になるとした自民党の二階俊博幹事長の発言に関し「極めて常識的だ」と賛同する考えを示した。臨時記者会見で「五輪の方が命より大切というのはあり得ない。感染状況が深刻なら、やっている場合ではない」と述べた。
 二階氏は2017年の衆院選で落選した長崎氏を「幹事長政策補佐」で起用、知事選でも支援するなど関係が深い。一方で、長崎氏は山梨県も自転車競技ロードレースの開催地となっている点に触れ「1都3県を含めまん延等防止措置で頑張っている状況だ。成果を上げ晴れて五輪ができるようになることを願う」と感染抑止に万全を期す考えを強調した。(共同)

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧