コロナ療養施設から無断外出「せき止め薬もらえず買いに行った」 千葉の男性、友人宅へ

2021年4月19日 22時05分
 千葉県は19日、新型コロナウイルス感染者の宿泊療養施設として県が借り上げたホテルから20代の男性が無断で外出したと発表した。男性は翌日、千葉市内の友人宅に1人でいることが分かり、再び施設へ搬送された。県の聞き取りに「せき止め薬をもらえず買いに行った」と説明している。
 県によると、男性は15日午後0時40分ごろ、客室からエレベーターで地下駐車場に降り、車用のスロープを歩いて上がり、正門から外出。16日午前9時半ごろ、看護師が健康管理のため客室に電話をかけた際、同室の療養者が男性が出て行ったと話し発覚した。
 男性はホテルから電車で千葉市内へ移動し、薬局とコンビニに立ち寄った。県によると、濃厚接触者はいないという。男性がホテルを出た時間帯は入所や退所の手続き業務がなく、正門に職員はいなかった。県は正門を監視する職員の配置などで再発防止を図るとしている。

関連キーワード

PR情報

新型コロナの新着

記事一覧