カーブを曲がりきれず木にぶつかり炎上…電気自動車テスラが事故、運転席は無人で2人死亡

2021年4月20日 11時34分

衝突事故を起こしたテスラ車の残骸=17日、米テキサス州(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米電気自動車(EV)大手テスラの車両が17日、米テキサス州ヒューストン郊外で衝突事故を起こし、助手席と後部座席の男性2人の死亡が確認された。運転席は無人で、米道路交通安全局(NHTSA)は半自動運転システムを使って走行していた可能性があるとみて調査に乗り出した。米メディアが19日報じた。
 事故を起こしたのは2019年型のセダン「モデルS」。カーブを曲がりきれずに車線から外れ、木にぶつかって炎上した。かなりのスピードが出ていたもようだ。
 モデルSは、車線維持や自動ブレーキといった「オートパイロット」と呼ばれる半自動運転システムを搭載。事故車両はより高度な「フルセルフドライビング」機能を備えていた可能性も指摘されている。

「オートパイロットを使った車両の事故率は通常の10分の1ほどだ」と主張するマスクCEOのツイッター投稿(スクリーンショット)

 マスク最高経営責任者(CEO)は17日、ツイッターで「オートパイロットを使った車両の事故率は通常の10分の1ほどだ」と主張。テスラはオートパイロットについて「運転手自身が車を監視する必要や責任がある」と呼び掛けている。

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの新着

記事一覧