五輪開催「無責任」の質問スルー…菅首相「回答漏れ」と釈明

2021年4月20日 21時21分
菅義偉首相

菅義偉首相

 菅義偉首相は20日、日米首脳会談後の共同記者会見で、新型コロナウイルス感染症が拡大する中の東京五輪・パラリンピック開催を「無責任では」と聞かれた質問に答えなかったことについて「バイデン大統領への質問のみと認識してしまい、結果として回答漏れになった」と釈明した。衆院本会議で質問した立憲民主党の緑川貴士、共産党の赤嶺政賢両氏への答弁。
 この会見では、米側記者が「公衆衛生の専門家から開催準備ができていないとの指摘がある。開催に進むのは無責任ではないか」とただした。質問を同時通訳で聞いていた首相は何も語らず、日本側記者に次の質問を促した。赤嶺氏はこの対応を「回答を持ち合わせていないからではないか」と皮肉った。
 首相は日米首脳会談で東京大会の意義を「世界の団結の象徴」と語り、これまで使っていた「人類が新型コロナに打ち勝った証し」との表現を使わなかった。首相はこの日の答弁で「決意に何ら変わりはない」と強調した。(山口哲人)

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧