仕事と育児の両立考える 女子サッカー岩清水選手招き 23日にオンライン座談会

2021年4月21日 07時20分

岩清水梓選手 ((C)TOKYO VERDY)

 プロサッカー選手の岩清水梓選手(34)とともに、仕事と育児の両立を考える座談会「ママが集うお茶会オンライン」が二十三日午前十時から、オンラインで開かれる。秋開幕の日本初女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」で、唯一の“ママ選手”となる岩清水選手が、目指すことや不安をざっくばらんに話す。 (中村真暁)
 育児中の女性の社会復帰を支援する板橋区の市民活動団体「マム・スマイル」が主催。岩清水選手は、元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」で、日テレ・東京ヴェルディベレーザに所属。昨年三月に男児を出産したばかりだ。
 座談会では、これから社会復帰をしようと考えている育児中の母親などに参加してもらい、岩清水選手が選手を続ける理由や周囲から受ける支援などを詳しく聞く。
 同団体の山口寛子さん(35)は出産を機に離職する女性が今も多いと指摘し「育児と仕事の両立で悩んだり、(仕事を)諦めたりする人は多い。特に、出産後にサッカー選手を続ける人が少ない中で、岩清水選手の決意が多くの人の勇気や希望となればうれしい」と期待する。
 座談会は参加無料。人数制限があり、二十二日午前九時までに申し込む。ズームで開催するが、録画映像は後に同団体のホームページで配信する。当日の内容は同団体が発行する板橋区のママ向けフリーペーパー「イタバシーナ」夏号などでも特集する。参加申し込みは同ホームページから。 

夏号で岩清水選手の座談会を特集するフリーペーパー「イタバシーナ」(マム・スマイル提供)


PR情報