<新型コロナ>川崎市、ワクチン接種 24日から予約開始 75歳以上15万人に接種券発送

2021年4月21日 07時34分
 川崎市は二十四日午前八時半から、新型コロナウイルスワクチンの接種予約ができるコールセンターと専用サイトを開設する。予約開始に先立つ二十日、七十五歳以上の高齢者約十五万人に予診(問診)票などを同封した接種券を発送した。福田紀彦市長は会見で「当初の予約枠は限られる。焦らずに様子をみながら予約してほしい」と呼びかけた。 (安藤恭子)
 二十四日から予約ができるのは、接種券が手元にある高齢者のみ。市の予約コールセンター=電044(200)1080=で土日祝日を含む午前八時半〜午後六時に受け付けるほか、二十四時間対応の予約サイト(https://v-yoyaku.jp/141305-kawasaki)を立ち上げる。
 コールセンターと予約サイトでは共に、市内七区の市民館や教育文化会館(川崎区)で五月十一日から始まる集団接種の予約ができる。予約サイトからは市内医療機関での個別接種の予約も受け付ける。
 六十五〜七十四歳の市民への接種券発送は四月二十八日に行い、予約開始は五月十五日を予定。その他の市民については、予約開始時期は未定としている。
 市では五月の本格接種開始までに四万回分弱のワクチンを確保できる見通しだが、それ以降の供給量が定まっていない。一度接種してから三週間後に必要となる二回目接種分のワクチンを確保しながら、慎重に接種を進めるとしている。

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧