日焼け止め、幼少から習慣に 三鷹の学生が起業 商品開発 「塗る文化を定着させたい」

2021年4月22日 07時10分

日焼け止めの開発に取り組む中央大2年の伊藤瑛加さん(右)=伊藤さん提供

 紫外線(UV)による皮膚トラブルの重要性を多くの人に知ってもらい、幼少期から日焼け止めを使う習慣を身に付けてもらおうと、三鷹市の伊藤瑛加(えいか)さん(19)=中央大二年=が会社を設立、大容量・低価格化を追求し、三月下旬に市販第一号商品の発売にこぎつけた。子どもたちが手にしやすいよう、保育園などの事業者向けを想定している。 (竹谷直子)
 会社名は「Sunshine Delight」。太陽の下で安心して暮らせる環境をとの思いを込め、十七歳の時に設立した。きっかけは農業を営む母だった。畑仕事をする中で、シミなどが目立っていたという。UVの影響を調べていくうちに、世界保健機関(WHO)や環境省もUVの人体への影響を発表していることを知った。
 しかし、日本では幼少期から日焼け止めを使う重要性があまり認知されておらず、化粧品として少量で高価なことから手にしにくい問題があることに気付いた。「日本では、日焼け止めを禁止している学校や焼けている方が健康的というイメージがある。防止の必要性を伝えていきたい」と起業を決意した。
 二〇一九年に化粧品大手コーセーとの共創事業に選出され、同社とともに開発に取り組む。二〇年には、十六カ所の保育施設の園児約五百五十人に実際に商品を利用してもらい、アンケートを実施。その結果を反映させて商品開発を進めてきた。
 第一号の商品は大容量で環境に優しい紙パックの素材を使った。日焼け止めで一般的に使われている「紫外線吸収剤」は、塗った人が海に入って成分が流れ出た際、サンゴが死んだり弱ったりする「白化」の原因になると一部の研究者が指摘しているため、使用しない。その代わりに影響が少ない「紫外線散乱剤」を使った。価格は六百ミリリットルの商品三個セットで一万六千五百円(税込み)。今後も低価格化を模索する。目標は三十年後までにUVによる肌トラブルをなくすこと。「日焼け止めを塗ることを文化として定着させたい」と話した。商品の購入・詳細は、「JAタウン Sunshine Delight」で検索。

関連キーワード

PR情報

東京の新着

記事一覧