「プーチン大統領は泥棒だ」ナバリヌイ氏の解放求めロシア各地で反政権デモ 1700人以上を拘束

2021年4月22日 10時08分
モスクワ中心部でナバリヌイ氏の解放を要求する市民=いずれも21日、小柳悠志撮影

モスクワ中心部でナバリヌイ氏の解放を要求する市民=いずれも21日、小柳悠志撮影

  • モスクワ中心部でナバリヌイ氏の解放を要求する市民=いずれも21日、小柳悠志撮影
  • モスクワでナバリヌイ氏の解放を求めるデモ参加者
 【モスクワ=小柳悠志】ロシア各地で21日、健康悪化が伝えられる収監中の民主派野党指導者ナバリヌイ氏(44)の解放を求める反政権デモが行われた。人権監視団体「OVDインフォ」によると、第2の都市サンクトペテルブルクで800人近くが拘束されるなど、拘束者数は92都市で計1700人以上に達した。
 モスクワでは若者を中心に数千人規模の参加者が中心部を行進。「プーチン大統領は(国の富を奪う)泥棒だ」「ナバリヌイに治療の機会を与えよ」などと叫んだ。デモ隊は治安部隊との衝突を避け、携帯電話の通信アプリで次の目的地を共有しながら移動した。モスクワでの参加者数について内務省は6000人、ナバリヌイ陣営はその10倍の約6万人としている。
 モスクワのカフェ店員ロディオンさん(31)は「政権は汚職だらけで公平な選挙もない。ロシアにも欧州のような民主主義がほしい」と話した。
 大規模デモは1月末以来。当局は従来と同様、開催を許可せず、取り締まる方針を示していた。独立系メディアはサンクトペテルブルクでは治安部隊による暴力的な拘束があったと報じている。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧