国内初の都市型循環式ロープウエー「YOKOHAMA AIR CABIN」運行開始

2021年4月22日 11時34分

青空の下、開業したロープウエー「YOKAHAMA AIR CABIN」=22日午前10時18分、横浜市中区で(伊藤遼撮影)

 横浜市のみなとみらい21地区にあるロープウエー「YOKOHAMA AIR CABIN」が22日、運行を開始した。最高40メートルの高さから横浜港の景観を眺めることができる。
 オープニング式典で、事業主体で同地区の遊園地「よこはまコスモワールド」を運営する泉陽興業(大阪市)の山田勇作社長が「国内初の常設都市型循環式ロープウエー。新たな横浜の観光のシンボルにしたい」と意気込みを語った。
 21日午前6時から並んだという横浜市神奈川区の大学生坪井元さん(21)は「みなとみらいへの期待がさらに膨らむ」と話した。(丸山耀平)

関連キーワード

PR情報

神奈川の新着

記事一覧